カスタムクラブ専門 地クラブ クラブMOIマッチング チューニング / LA 東京 四国・高松 / 全国・海外OK / Razzle Dazzle BUCHI MYSTERY /ツアープロ・サポート

 

Physics of the Golf Club
Certified Class-A Clubfitters & Clubmaker
初心者からプロまで 高精度カスタムクラブ製作

 ゴルフメカニックのクラブ設計・製作は、最先端テクノロジーと、初心者からプロまで延べ1万人を超えるフィールドテストにて蓄積された豊富なデータベースからタイプ別に高精度オーダーメイドクラブを製作しています。
 大量生産される既製品クラブとは違い、科学的な裏付けと経験や実績を基に1本1本丁寧に組立てられた本物のクラブは、ただ振るごとにスイングが良くなり、驚異的な飛距離と正確な方向性を生み出します。ゴルフが楽しくなる高精度クラブを是非お試しください。


 
■ ゴルフクラブは その組立精度で性能の殆どが決まる!■
 
数ミリ 数グラム 変わるだけで クラブの挙動は激的に変化します。
シャフト・スパイン・アライメント調整 (芯を喰らう! シャフトの高精度装着)

 ゴルフクラブのシャフトは、完全に真っ直ぐで均一な厚さ(円筒)や太さのシャフトは作れません。同じシャフトでも「全く同じようにシナル」ことはありません。
 シャフトは製造過程でスパイン(背骨、歪み)が不特定に必ず生まれます(硬い筋)。これらの影響でシャフトはシナリ易い方向とシナリ難い方向が必ず生まれます。シャフトの角度によって硬さやシナリ方向が変わるのです。

 この問題を回避するためには、シャフトの装着時にトリミングや装着方向を決める必要があります。そうすることで、シャフトは正しい動きをし、タイミングが取りやすくなり、芯に当たりやすくなります。また、ミート率が向上するため飛距離と方向性にも良くなります。
 ※既製品クラブや一般的な工房で作られたクラブはこのシャフトアライメント調整はされていません。シャフトのロゴマークが真上や真下に合わせられているクラブは調整されていないと思っていいでしょう。
 最近になって殆どのシャフトメーカーはスパインや一番硬い位置をシャフト上に(バット側に)位置表記するようになりましたが、クラブの組立段階で採用していないのでは意味がありません。
 
 世界のトッププロ ( D.ジョンソン、松山英樹、R.ファウラーたち ) のクラブは当然のこととして調整されています。彼らの飛んで曲がらない打球を見ればシャフト・アライメント調整の効果は一目瞭然です。
「シャフト・アライメント調整を公表しているツアープロ」は こちら

▼続きを読む


クラブが体型( 身長や手の高さ)に合っていることが上達の絶対条件!

 アドレスでの前傾軸とクラブの重心線は90°〜100°が理想!
 これができないと理想のスイングプレーン(振り子運動)を描くことが難しくなります。これは、身長や手の高さを基に、理想の前傾角度になるようにクラブの長さを決める」そして「シャフトの長さを微調整してライ角を調整する」これが基本です。ヘッドのライ角を曲げる調整ですと重心位置などが動いたりするため、逆に打ちにくいクラブになることがあるので注意が必要です。(クラブを長くする場合はシャフト重量を軽く硬く、短くする場合はシャフトを重く柔らかくするかヘッド重量を重くすることが絶対条件となります。HSがMAXになるようにクラブ重量の調整も重要です。)

▼続きを読む


クラブは体力や能力にフィットしてますか?

 クラブは、自分の体力や能力に合わせなければ正しい動きをしません。 まず、ヘッドスピードや飛距離から自分の適正な数値を割り出しましょう。そして、クラブの リアル・スイングウェイト(ダウンスイング時に感じるクラブの重さ)が最適になるように調整します.。そうすると「クラブの重力による自然落下」と「腕を振り下ろすテンポ」が同調し、クラブは正しいベクトル(クラブ自らが動こうとしている方向)に向かって高速に加速するのです。

 
 スイングウェイトは、ダウンスイング時のクラブの動き易さ(クラブのMOIなど)から計算できます。
「クラブMOI・スイングウェイト」ツールで計算できます。
 
 スイング中に感じるクラブの重さを最適に合わせるのはリアル・スイングウェイト調整です。
注!)クラブMOIスケール(測定器)を使用してMOIを合わせる「クラブMOIマッチング」(MOIを統一させる)という調整をしても、クラブセットが全て同じ感覚で振れるようにはなりません。この測定器ではスイング中のクラブMOIを測ることが不可能だからです。
※MOIとは力学用語で慣性モーメント (Moment of Inertia)の略語です。

▼続きを読む


長さやバランス合わせで作られたクラブは番手間でテンポ・リズムが狂う

 クラブの長さやバランスは、ヘッド/シャフト/グリップの選択で現れる結果としての値です。また身長や手の高さにクラブの長さを合わせることも重要です。既製品クラブや殆どの工房では、長さを先に適当に決めて鉛を入れてバランスを取ります。これらは一見、正しいクラブに見えますが、重量配分がバラバラで性能的に優れたクラブとうは言えません。ヘッド・シャフト・グリップは想像以上にバラツキが大きく、クラブの長さやバランスを先に決めてしまうと正しく組立することができなくなるのです。

▼続きを読む


ゴルフクラブ フィッティング ツール

※クラブMOI・スイングウェイト計算ツールを使用するには顧客アカウント登録が必要です。

→ アイアン組立 サンプル (PDF) DG AMT S200 + MT201
→ ウッド組立 サンプル (PDF)



おすすめ












エーリートグリップ ゴルフプライド イオミック ランキン・ロイヤル No.1グリップ パーフェクトプロ TOUR-G ウィングリップ
グラファイトデザイン UST マミヤ バシレウス FSP フジクラシャフト グラビティー グラファロイ KBS
ラバコジャパン 三菱レーヨン ミズノ マスダゴルフ 三浦技研 T.P. MILLS チーム・ヨシムラ ムージク
日本シャフト ピノイージー 島田ゴルフ SYB トライファス トゥルーテンパー ACCRA エストリックス